伊モンテ・パスキ銀:デリバティブ損失で追加支援要請せず

イタリアの銀行、モンテ・デイ・パ スキ・ディ・シエナ銀行のファブリツィオ・ビオラ最高経営責任者 (CEO)は28日に記者団に対し、同行元幹部らが公表していなかった デリバティブ(金融派生商品)取引による損失の可能性に対応するため 追加支援を求めることはないと述べた。

モンテ・パスキは39億ユーロ(約4770億円)の救済を要請してい る。ビオラCEOはミラノで、同行に投資する可能性のある新たな投資 家との交渉は行っていないことを明らかにした。

同CEOは「当行に必要な資金が39億ユーロであることは確認でき る」と述べ、同行取締役会が2月初めまでに救済要請を完了し、イタリ ア財務省は2月中に救済を完結させるとの見通しを示した。

世界最古の銀行、モンテ・パスキの株主は今月25日、イタリア政府 から2回目の救済を受けるために必要な65億ユーロの資本増強計画を承 認した。ブルームバーグ・ニュースはその1週間前、同行が損失を目立 たなくするためにデリバティブを利用していたと報じていた。

イタリア銀行(中央銀行)は26日に政府の緊急融資を承認してお り、モンティ首相は来月の総選挙を前に同行救済を進めることができる 状況にある。救済計画の下、モンテ・パスキは「モンティ・ボンド」と 呼ばれる証券を政府に対し発行する。クーポン(表面利率)は9%だ が、最高15%に上昇する可能性がある。

原題:Monte Paschi Won’t Seek More Aid to Cover Losses, CEO Says (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE