NY原油:上昇、4カ月ぶり高値-米耐久財受注の増加を好感

ニューヨーク原油先物相場は上昇。 4カ月ぶりの高値となった。米耐久財受注額の増加を背景に景気に対す る楽観が強まった。ニュージャージー州の製油所閉鎖の発表を受けガソ リン価格が上昇したことも、原油買いにつながった。

米商務省が発表した昨年12月の製造業耐久財受注額は前月比 で4.6%増加した。エネルギー会社の米ヘスがニュージャージー州ポー トレディングの製油所を2月末に閉鎖すると発表すると、ガソリン価格 は3カ月ぶりの高値に上げた。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニアマーケッ トアナリスト、フィル・フリン氏は「耐久財の数字はかなり良好で、エ ネルギー需要にとって好ましい前兆だ」と指摘。「ガソリン市場が力強 い状況となっており、原油を下支えしている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前営業 日比56セント(0.58%)高の1バレル=96.44ドルで終了した。

原題:Oil Rises to Four-Month High as U.S. Durable Goods Orders Jump(抜粋)

--取材協力:Shobhana Chandra、Rupert Rowling、Barbara Powell.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE