ドイツ銀、EURIBOR操作で独金融監督当局が調査-関係者

ドイツ連邦金融監督庁(BaFi n)が欧州銀行間取引金利(EURIBOR)を操作した疑いで調査を している複数の銀行の中にドイツ銀行が含まれていると、事情に詳しい 関係者2人が明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、旧ウェストLB(現 ポーティゴン)もEURIBORに絡み調査を受けている。南ドイツ新 聞は28日、BaFinがドイツ銀とポーティゴンを含む4銀行を調査し ていると報じていた。両行ともロンドン銀行間取引金利(LIBOR) 操作をめぐる調査の対象にもなっている。

BaFinのフィッシャー報道官は調査対象の銀行名や数について 言明を控えた。調査にはさまざまな形態があり、問題について対話を求 めることから、情報の提出を命じたり特別調査の開始へと移行する場合 もあると同報道官は述べた。

原題:Deutsche Bank Said to Be Among Banks in Bafin Euribor Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE