キャタピラー:13年業績は下期に伸びる見通し、世界経済改善

建設機器メーカー最大手の米キャタ ピラーは2013年の売上高と利益について、世界経済の改善に伴い下期に 伸びるとの見通しを示した。

28日の同社発表によると、13年通期の利益は1株当たり7-9ド ル、売上高は600億-680億ドル(約5兆4500億-6兆1800億円)になる 見通しだ。米国と中国の経済成長が見通しの理由という。ブルームバー グがまとめたアナリストの予想平均は1株利益が8.54ドル、売上高 は652億ドルだった。

利益と売上高がレンジの上限となれば13年の業績も過去最高となる 可能性があるものの、キャタピラーは1-3月(第1四半期)の業績の 伸びは前年同期比で鈍化するとの見方を示した。ディーラーが在庫圧縮 のために受注を減らすためとしている。

2012年10-12月(第4四半期)の純利益は前年同期比55%減少の6 億9700万ドル(1株当たり1.04ドル)。前年同期は15億5000万ドル (同2.32ドル)だった。税優遇措置や中国のERAマイニング・マシナ リー部門で計上した5億8000万ドルの評価損を除いたベースでは、1株 利益は1.46ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト22人の予想平 均(1.70ドル)を下回った。売上高は6.8%減の161億ドルで、アナリス ト予想と一致した。

原題:Caterpillar Forecasts Growth in Second Half on Global Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE