人民元、香港市場で対ドル7日続落-人民銀副総裁の発言などで

中国人民元の28日の香港市場での取 引は、対ドルで7営業日続落となった。これは2010年9月以降で最長。 中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁が、為替レートは「より市場志 向になる」と発言したことが影響した。

香港オフショア市場の人民元はこの日、上海スポット取引の元相場 を昨年11月26日以降初めて下回った。易副総裁は26日、世界経済フォー ラムが開かれていたスイスのダボスでインタビューに応じ、元は「ほぼ 均衡水準に近い」と述べた。

人民銀は28日、元の中心レートを0.02%元安方向に引き下げて1ド ル=6.2818元と、今月7日以来の低い水準に設定。円はドルに対して2 年半ぶり安値を付けた。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港オフショア市場で は午後4時38分(日本時間同5時38分)現在、人民元は0.18%安 の6.2248元。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で0.03%安の6.2226元で終了。

ブルームバーグが集計したデータによれば、元の1年物ノンデリバ ラブル・フォワード(NDF)は0.3%安の6.3160元。

原題:Yuan in Hong Kong Has Longest Losing Streak Since September 2010(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE