リイカネン・グループ提言の銀行規則,影響査定が必要-ECB

欧州中央銀行(ECB)は、フィン ランド中銀のリイカネン総裁が率いるグループが提言した欧州連合 (EU)の銀行新規則について、国ごとの影響を査定することが必要だ との考えを示した。

ECBは「EU内の各国ごとに銀行セクターの構造が異なることか ら、影響に大きな差が出る可能性がある」ため、その査定が「優先課題 だ」と説明した。

リイカネン・グループの拘束力のない提言は、銀行がトレーディン グ活動の大半を資本面で別の組織に移管することやボーナスに関する追 加規則を盛り込んでいる。

原題:ECB Says Impact of Proposed Banking Rules May Vary Across EU(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE