KDDI:今期営業益予想を1%増額-アイフォーン好調受け

国内通信2位KDDIは今期(2013 年3月期)営業利益予想を従来比50億円増額して5050億円とした。米ア ップルのスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)「iPhone (アイフォーン)」などの販売好調に伴うデータ収入増などを織り込ん だ。4月1日を効力発生日とする普通株の2分割も発表した。

修正後の営業益予想は、ブルームバーグ・データによるアナリス ト17人の事前予想平均5080億円は下回った。スマホ販売台数予想は同45 万台増やし845万台とした。純利益予想は携帯設備の減損が想定を上回 るとして逆に150億円減らして2350億円とした。市場予想は2308億円。

田中孝司社長は28日の決算会見で、アイフォーン販売動向について 「発売当初が好調過ぎて今、元に戻った」と説明。売れ行きが「急に止 まったとは考えていない」と述べた。昨年10-12月期の営業利益は1643 億円と、四半期では過去最高だった。

田中社長はまた、ミャンマーでの携帯市場参入については、同国政 府に対して関心を示した段階であり、入札の要件はまだ見ていないと説 明。具体的な参入条件が明確になれば手続きを進める意向を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE