ミャンマー、アジア開銀と世銀への延滞債務解消-融資拡大に道

ミャンマーは日本の国際協力銀行( JBIC)からのつなぎ融資を使って、アジア開発銀行(ADB)と世 界銀行に対する延滞債務、約10億ドル(約910億円)を解消した。イン フラ整備を目指すミャンマーに対する融資拡大への道が開かれた。

ADBは延滞債務解消を受けて、ミャンマーへの5億1200万ドルの 新規融資を発表した。ADBから同国への融資は過去30年余りなかっ た。世銀も4億4000万ドルの融資を明らかにした。ミャンマーは、これ らの資金をJBICへの返済に充てる。

ADBのグロフ副総裁は発表資料で、「ミャンマーにとって歴史的 な転換点だ」とコメントした。

原題:Myanmar Clears ADB, World Bank Overdue Debt With Japan Help (2)(抜粋)

--取材協力:Kyaw Thu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE