トヨタ:首位に返り咲き、昨年のグループ世界販売は974.8万台

トヨタ自動車グループが2012年の世 界販売台数で首位に返り咲いた。11年は東日本大震災やタイ洪水の影響 などで米ゼネラル・モーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン( VW)に抜かれ、3年間続けていた首位から転落していた。

トヨタは28日、子会社のダイハツ工業と日野自動車を含む昨年のグ ループ世界販売で前年比23%増の974.8万台になったと発表した。昨年 9月に中国販売が急減したものの、昨秋までエコカー補助金のあった国 内のほか、北米、新興国の販売が総じて順調だった。また、トヨタグル ープの昨年の世界生産は同26%増の990.9万台。

昨年の世界販売では、ライバルのGMが930万台弱、VWは約907万 台だった。また、28日に発表した国内勢で、昨年の数値がそれぞれ、日 産自動車は世界販売494万台、世界生産488.9万台となり、ホンダが世界 販売381.7万台、世界生産411万台だった。

トヨタが昨年末に発表した13年のグループ世界販売計画では991万 台と、過去最高の更新を目指している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE