甘利経済再生相:円安誘導批判は独などごく一部の国-記者会見

甘利明経済再生相は28日、臨時閣議 後の記者会見で、日本銀行に大胆な金融緩和を求めるなど安倍晋三政権 の経済政策が円安を誘導しているとの批判は「ごく一部の国」から出た だけで、週末に出席した世界経済フォーラム(WEF)年次総会の会合 では日本の政策を支持する声が相次いだとの認識を示した。

甘利氏は円安誘導批判について「ごく一部の国からだ。具体的にい えばドイツ、それからなんとなくそういう思いを持っているといわれて いるのが韓国、中国だ」と指摘。その上で、「私から説明をしてダボス 会議のさなかで円安誘導だという指摘はなかった」と述べ、国際通貨基 金(IMF)、経済協力開発機構(OECD)など国際機関の責任者や 民間の識者から日本の政策を支持する声が「相次いだ」と説明した。

ドイツなどの日本を批判する国については「おそらく日本の輸出 力、競争力が上がってくると自国経済に打撃を受けると心配していると ころだと思っている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE