オリンパス損失隠し関与の元バンカー保釈金は4.5億円-米地裁

ドイツのコメルツ銀行と仏ソシエ テ・ジェネラルに勤務した元バンカーで、オリンパスの損失隠しを助け たとして逮捕・起訴されたチャン・ミン・フォン被告が25日、米連邦地 裁から保釈を認められた。

米連邦地裁のローラ・テイラー・スウェイン判事は25日、台湾籍を 持つシンガポール在住のチャン被告について、保釈金500万ドル(約4 億5500万円)を積むことを条件に保釈を認めた。保釈金の担保は現 金100万ドルと米国、日本、シンガポールの不動産450万ドル相当。

チャン被告は昨年12月20日に米カリフォルニア州ロサンゼルスで逮 捕され、オリンパスの損失隠しを手助けしたとされる通信詐欺に関与し た共謀罪で1月17日に起訴された。

ボニー・ブルックス・ジョナス連邦検事補は25日、検察当局がマネ ーロンダリング(資金洗浄)などの罪でもチャン被告を追起訴する方針 だとスウェイン判事に伝えた。同被告は共謀罪で最高20年の禁錮刑が言 い渡される可能性がある。

原題:Ex-Banker Accused of Aiding Olympus Fraud Wins Bail in U.S. (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE