米運輸安全委:「787」のバッテリー充電器に不具合の証拠なし

米ボストンの空港で今月出火トラブ ルを起こした米ボーイングの最新鋭旅客機「787」(ドリームライナ ー)のバッテリー充電器を調査していた米運輸安全委員会(NTSB) は、トラブルの原因となり得る不具合の証拠は見つからなかったと発表 した。

NTSBは、製造元であるセキュラプレーン・テクノロジーズのア リゾナ州トゥーソンの工場での充電器の試験を終了した。27日に電子メ ールで配布した資料で明らかにした。セキュラプレーンは英メギットの 子会社。

NTSBはまた、7日に出火トラブルを起こしたリチウムイオン電 池が組み込まれていた補助動力装置(APU)を製造元のUTCアエロ スペース・システムズで調査したが、不具合は見つからなかったと発表 した。UTCアエロスペースは複合企業ユナイテッド・テクノロジーズ の子会社でフェニックスに本拠を置く。

原題:Battery Charger on 787 Cleared in Fire Investigation, NTSB Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE