「H2Aロケット」打ち上げ成功、衛星4機体制に-情報収集能力が増加

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構 (JAXA)は27日、情報収集衛星などを搭載したH2Aロケットの打 ち上げに成功した。

H2Aロケット22号機は午後1時40分、鹿児島県の種子島宇宙セン ターで打ち上げられた。情報収集衛星レーダー4号機と実証衛星は正常 に分離され、予定していた軌道に投入された。三菱重とJAXAが連名 の資料を開示した。H2Aロケットの打ち上げ成功は16回連続。

レーダー4号機が運用段階に移行すれば、光学衛星とレーダー衛星 それぞれで地球上の特定地点を1日1回以上撮影できる「4機体制」が 実現する。外交や安全保障、大規模災害への対応を含む危機管理に必要 な情報収集に役立つことになる。

ロケット打ち上げと衛星分離の成功を受けて安倍晋三首相は、日本 の安全保障及び危機管理のために「この4機体制を最大限活用し、情報 収集を確実に行っていく」とのコメントを発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE