米財務次官:為替で各国は「ゲームのルール」に従うだろう

ブレイナード米財務次官(国際問題 担当)は、為替市場において各国政府が「ゲームのルール」に今後も従 うとの確信を表明した。米国以外ではこのところ、日本がルールを破っ ているとして懸念の声が上がっている。

ブレイナード次官は25日、スイスのダボスでインタビューに応じ、 「私はゲームのルールが今後も引き続き守られると信じている」とし、 「システムを円滑に機能させるために非常に重要なことだ」と続けた。

各国の政策当局者は最近の円の下落について懸念を示しているが、 この日はカナダのフレアティ財務相も懸念を表明した。主要7カ国(G 7)は、通貨の競争的切り下げを目指さず、また為替レートは市場に委 ね政府は干渉しないことで伝統的に方針が一致している。

フレアティ財務相は、日本がG7の「信頼を踏みにじっている」と は考えていないとした一方、麻生太郎財務相と為替レートをめぐり言葉 を交わしたことを明らかにした。

フレアティ財務相は世界経済フォーラム(WEF)年次総会が開か れているダボスで、「日本の行動があまりにも速く、世界全体に影響を 及ぼしていることが私の懸念だと伝えた」と述べた。

原題:Brainard Expects ‘Rules of the Game’ to Govern Foreign Exchange(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE