ECBの3年物資金、来週の繰り上げ返済は予想以上

欧州中央銀行(ECB)は25日、初 回の3年物長期リファイナンスオペ(LTRO)について、繰り上げ返 済が可能になる来週30日、銀行278行が1372億ユーロ(約16兆7700億 円)を返済すると明らかにした。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値 は840億ユーロだった。初回のLTROの供給額は4890億ユーロ。銀行 は翌週以降も繰り上げ返済を続けることができる。

ECBの発表後、ユーロはドルに対して約0.5セント上昇。昨年2 月以来の高値となる1ユーロ=1.3465ドルを付けた。

ベレンベルク銀行のシニアエコノミスト、クリスチャン・シュルツ 氏は、ECBが余剰流動性を吸収し始めたことは米、英、日本の中銀と 対照的だとして、「ユーロ相場が上がったのも無理はない」と話した。

ECBは約1年前、2回のLTROで金融市場に3年物資金、1兆 ユーロ余りを供給。金利は融資期間中のECB政策金利の平均で、銀行 は資金を受け取った1年後から繰り上げ返済が可能になる。

銀行が長期資金の返済に前向きなことは、銀行間市場や銀行の健全 性回復を示唆していると解釈できる。一方、ECBは依然、1週間と1 カ月、3カ月の資金について適格担保がある限り無制限の供給を続けて いるため、3年物資金の返済状況の意味合いは薄れると一部のエコノミ ストは指摘する。シティグループのユーロ圏担当チーフエコノミスト、 ユルゲン・ミヒェルス氏は「銀行が3年物から3カ月物に乗り換えるだ けかもしれない」と話した。

ECBは今後、LTROの繰り上げ返済状況について毎週公表す る。2回目のLTRO資金、5290億ユーロは2月27日から繰り上げ返済 が可能になる。

原題:ECB Says Banks to Repay More Than Forecast of 3-Year Loan (2)(抜粋)

--取材協力:Angeline Benoit.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE