香港株(終了):ハンセン指数、3日続落-中国国際航空安い

香港株式相場は下落。ハンセン指 数が3日続落となった。中国国際航空が下げの中心だった。

時価総額で世界最大の航空会社、中国国際航空(753 HK)が6.1% 下落。中国東方航空(670 HK)も下げた。スポーツウエア販売の李寧 (2331 HK)は15%安。最大18億7000万香港ドル(約219億円)相当の転 換社債発行計画を発表したことが嫌気された。転換価格は発表直前の同 社株の終値を44%下回る水準に設定されている。

中国熔盛重工集団(1101 HK)は5.6%値下がり。同社の支配株主が 持ち株を売却した。中国民生銀行(1988 HK)は2.5%安。前日には2009 年11月の上場以来の高値を付けていた。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「市場 は過去数カ月間、非常に好調に上昇を積み上げてきたため、現在は値固 めに入ってもおかしくない」と指摘。「投資家は恐らく押し目買いに動 くだろう。経済の堅調な回復に伴い、企業利益も改善する見通しだ」と 述べた。

ハンセン指数は前日比18.47ポイント(0.1%)安の23580.43で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.8%安の12001.81で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Drop a Third Day as Air China, Li Ning Slide(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE