中国広告会社フォーカス、SECが証券法違反の可能性を調査

中国の広告会社フォーカス・メディ ア・ホールディングは、証券法「違反」の可能性をめぐり米証券取引委 員会(SEC)の調査を受けていることを明らかにした。同社によるア リーズ・オンライン・メディアなどの企業の買収とその後の売却が焦点 だという。

上海を本拠とするフォーカス・メディアは当局に18日提出した米カ ーライル・グループなどへの身売りに関する届け出で、SECに協力し ていると説明。「SECは2012年3月14日に連邦証券法に対する違反が なかったについての非公開の調査を開始すると通知してきた」とした上 で、調査がフォーカスまたは社員による法律違反を示唆するものと考え る必要はないとも伝えられたと付け加えた。

オンライン広告会社アリーズを買収した直後に元のオーナーに売却 した件などについて、SECは10年に書簡でフォーカスに質問した。 SECが後に公開した10年9月22日付の書簡は「一見して明らかなパタ ーン」だと指摘し、その説明を求めた。

原題:Focus Media Says SEC Probing Possible Securities Violations (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE