アジア株:上昇、米失業保険申請を好感-TOPIXは11週続伸

25日のアジア株式相場は上昇。米失 業保険申請件数が約5年ぶりの低水準になったことが響いた。 TOPIXは週間ベースで11週続伸し、40年ぶりの連続上昇記録となっ た。

ソニーが高い。リチウムイオン電池事業売却をめぐる報道が手掛か りとなった。豪探査会社のカルーン・ガス・オーストラリアは14%高。 ブラジルで石油を発見したことを明らかにした。グレート・イーグル・ ホールディングス(鷹君集団)は14%高。香港のホテルのスピンオフ (分離・独立)を提案したことが好感された。サムスン電子は2.5%下 落し、終値が昨年11月30日以来の安値となった。ウォン高が今後の利益 に打撃を与える可能性を警告した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時24分現在、前日 比0.3%高の131.83。このままいけば週間ベースでは0.7%の下落とな る。日経平均株価の終値は305円78銭高の1万926円65銭。

原題:Asian Stocks Rise as Japan’s Topix Caps Longest Gain in 40 Years(抜粋)

--取材協力:Kana Nishizawa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE