バークレイズのファンド、UPP株を中国企業に売却-関係者

英銀バークレイズ傘下のファンド は、学生用住宅の運営で英2位UPPグループ・ホールディングスの株 式40%を中国の投資会社ギンコ・ツリー・インベストメントに売却し た。事情に詳しい関係者が明らかにした。

取引が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところによ ると、ギンコ・ツリーはバークレイズ・インフラストラクチャー・ファ ンズ・マネジメントが保有する複数のファンドが持っていたUPP株を 買い入れた。関係者はこの取引の条件は明らかにしなかった。

バークレイズのファンドは昨年9月、UPP株の60%をオランダの 年金基金運用のPGGMに売却していた。債務を含めてUPPを約14億 ポンド(約2000億円)と評価する取引だった。

バークレイズの広報担当ジョン・レイコック、UPPのジョン・ウ ェークフォード、ギンコ・ツリーの投資マネジャーのマイク・ブライア ン(ロンドン在勤)の3氏はいずれもコメントを控えた。事情に詳しい 2人の関係者によれば、昨年9月からバークレイズとギンコ・ツリーの 間で独占交渉が進められていた。

原題:Barclays Said to Sell UPP Student Homes Stake to China’s Gingko(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE