習総書記は日中首脳会談を真剣に検討-山口公明代表が明かす

中国を訪問中の公明党の山口那津男 代表は25日、北京の人民大会堂で中国共産党の習近平総書記と会談し た。会談では山口氏が日中首脳会談開催について提案したのに対して、 総書記からはハイレベルの対話が重要であり、これを真剣に検討し、環 境を整えていくことが重要であるとの回答があった。山口氏が会談後、 記者団に明らかにした。

また、山口氏によると、習総書記は、尖閣諸島については立場の違 いがあるが、これを対話と協議によって解決していく努力が重要である との考えを明らかにしたという。

山口氏はまた、総書記に安倍晋三首相の親書を手渡すとともに、日 中関係は最も重要な2国間関係の一つであり、アジア太平洋地域、世界 に対し、両国は共通の責任を負っている、大局的立場で戦略的互恵関係 を推進していくことが大切であるとも指摘した、と語った。

一方、記者団のプール取材によれば、総書記は「両国関係が特別な 状況に直面しているこの時期の山口代表の訪中は重要だ」と述べ、中国 側が今回の訪中を「極めて重要視している」と山口代表に伝えた。

総書記は公明党が日中関係に「重要な貢献」をしてきたと語った。 山口代表は昨年の総書記就任について習氏に祝意を示した。

原題:Abe’s Envoy Gives Letter to Xi in Bid to Ease Japan-China Spat(抜粋)

--取材協力:Isabel Reynolds.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE