豪ドル、対円で上昇-日本のコアCPI低下で刺激拡大観測

25日の外国為替市場でオーストラリ ア・ドルは円に対して上昇している。この日発表された昨年12月の全国 コア消費者物価指数が前年同月比で低下したことを受けて、日本銀行に 刺激策拡大の圧力が加わるとの観測が強まった。

ニュージーランド(NZ)ドルは対円で、2008年9月以来の高値 を0.2%下回る水準。日銀がこの日公表した昨年12月の金融政策決定会 合の議事要旨で力強い緩和の継続が示唆されたことに反応した。豪ドル は対米ドルでは3週間ぶりの安値。2月5日のオーストラリア準備銀行 (中央銀行)の金融政策会合で利下げが決定されるかどうかトレーダー の見方は依然分かれている。

豪ドルはシドニー時間25日午後1時45分(日本時間同午前11時45 分)現在、円に対して0.2%高の1豪ドル=94円54銭。対米ドルでは一 時、4日以来の安値である1豪ドル=1.0439米ドルまで下げた後、前日 比ほぼ変わらずの1.0452米ドル。

NZドルは円に対してほぼ変わらずの1NZドル=75円73銭。前日 は75円89銭と、08年9月以来の高値を付けていた。対米ドルでは0.1% 安の1NZドル=0.8372米ドル。

原題:Australian Dollar Gains Versus Yen on BOJ Stimulus Speculation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE