安倍首相:CO2の25%削減目標の見直しなど指示-日本経済再生本部

安倍晋三首相は25日午前の日本経済 再生本部の会合で、民主党政権が掲げた二酸化炭素(CO2)などの温 室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減するとの目標をゼロベー スで見直すなど、今後の成長戦略策定にあたって必要な対応を関係閣僚 に指示した。政府が首相指示文書を記者団に配布した。

文書は地球温暖化対策について石原伸晃環境相と関係閣僚が協力 し、「11月までに25%削減目標をゼロベースで見直すとともに、技術で 世界に貢献していく、攻めの地球温暖化外交戦略を組み立てること」と 指摘。茂木敏充経済産業相には「産業再編や、起業や新事業創出が活性 化されるよう、産業の新陳代謝の円滑化に関する方策」を検討するよう 指示した。

指示は規制改革の推進、経済連携の推進、責任あるエネルギー政策 の構築、若者・女性の活躍推進など10項目。規制改革では健康・医療分 野を特に挙げ、「世界にわが国の医療関連産業が展開して国富の拡大に つながるように、大胆な改革を推進」するよう求めている。

安倍首相は再生本部終了前のあいさつで、成長戦略は規制改革や人 材などの徹底したグローバル化などの視点で進める考えを示した上で、 各閣僚に対し、「これまでの議論や発想にはとらわれず、次元の違う政 策をお願いしたい」と指示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE