CME元トレーダーのリンド氏が死去-先物業界の発展に尽力

米シカゴ商業取引所(CME)のオ ープン・アウトクライ(公開売買方式)立会場のピットで活躍し、その 後、同取引所が金融商品の電子取引拠点の一つに移行する際に尽力した バリー・リンド氏が24日に死去した。74歳だった。

警察当局の報告によると、リンド氏は23日夜、カリフォルニア州ラ ンチョミラージュで自動車に衝突され負傷した。リンド氏が共同創業し マネジングパートナーを務めるプライベートエクイティ(未公開株、 PE)投資会社シルバー・ヤング・キャピタル(シカゴ)のマネジング パートナーで共同創業者のラリー・シルバー氏がリンド氏の死亡につい て確認した。

リンド氏は1965年にリンド・ウォルドックを創業。同社は2000年に レフコ・グループに買収された。05年にリンド氏の殿堂入りを決定した 米国先物業協会(FIA)は同氏について「CMEが現代的な金融先物 取引所に移行する際に非常に重要な役割を果たした。先物取引における 技術活用推進の強力な支持者の1人で、リンド氏の会社は注文システム の自動化やオンライン取引の提供をいち早く手掛けた」としている。

原題:Barry Lind, CME Trader Who Reshaped Futures Industry, Dies at 74(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE