中国、新たな投機資金流入に懸念表明-日米の緩和策に対応か

中国国家外為管理局(SAFE) は25日、新たな投機資金流入への懸念をあらためて表明した。日米の中 央銀行は金融システムへの資金供給を拡大する方針を示している。

SAFEはウェブサイトに25日掲載した声明で、「金融緩和と低金 利という経済大国の政策は世界的な流動性を高め、市場におけるリスク 選好を拡大させ、投機的な資金を中国に流入させる」と指摘。いわゆる 「ホットマネー」の大量流入があり得るとするとともに、「多くの不確 実な要因がある」とコメントした。SAFEの声明は、米国や日本を名 指ししてはいない。

SAFEによれば、外国為替市場では投資家は人民元がさらに上昇 することに賭けている。

原題:China Warns ‘Hot Money’ Inflows Possible on Easing From Abroad(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE