BOAのモイニハンCEO:投資銀行の手数料収入は今年増加

資産規模で米2位の銀行、バンク・ オブ・アメリカ(BOA)のブライアン・モイニハン最高経営責任者 (CEO)は、資本市場の動きが活発化しており、投資銀行の手数料収 入が今年増えるとの見通しを示した。

BOAが先週発表した2012年10-12月(第4四半期)決算では、債 券引き受け増加が追い風となり、投資銀行の手数料収入が前年同期比 で58%増の16億ドルとなった。モイニハンCEOは24日、経済専門局 CNBCとのインタビューで、BOAにとってここしばらくの間で最高 の四半期だったと語った。

モイニハンCEOは「予定されている案件は豊富にあり、資本市場 の活動が活発化しているため、今年の手数料収入は力強いものになると 見込んでいる」と予想。「資金調達の動きは上向いており、レバレッジ ド・バイアウト(LBO、買収先の資産などを担保にした借り入れによ る買収)も拡大しているほか、株式公開も増え始めており、企業の合 併・買収(M&A)の動きもある」と述べた。

原題:BofA Sees Rising Investment-Banking Fees, Moynihan Tells CNBC(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE