ソロス氏:ユーロ存続の公算-日銀の政策は「本物」円下落へ

資産家で投資家のジョージ・ソロス 氏は、ユーロは存続し、他の諸国が一段と拡張的な政策を推進する中で 相場は上昇することになりそうだとの見通しを示した。同氏は、ドイツ が提唱する財政緊縮策に対して最も積極的な批判を展開している人物の 1人として知られる。

ソロス氏はスイスのダボスで開かれている世界経済フォーラム( WEF)年次総会で、財政緊縮を現時点で採用するのは誤った政策だと あらためて主張し、今後1、2年は「非常に緊迫した状況」が続くと予 想した。

同氏は一方で、「通貨戦争」に各国が突入するリスクが存在し、こ れは欧州中央銀行(ECB)の行動様式を変えることにつながる危険が あると指摘。主要国はそのような対立を回避するための合意点を見いだ す必要があると訴えた。

ソロス氏は円相場の動きについて、日本銀行の政策が「本物」であ ることに起因しているとの見方を示す一方、日本の当局が円相場をどこ まで押し下げることができるかは、米国がどの程度まで容認する意向で あるかによって制限されるだろうと語った。

さらに「ユーロは上昇し、円は下落する」機運があると述べ、「事 態がどこまで進むかは分からないが、どちらの方向に向かっているかを 指摘することはできる」と付け加えた。

原題:Soros Says Euro Is Here to Stay With Two ‘Tense’ Years Ahead (2)(抜粋) Soros Says Move in Yen Due to BoJ Policy Is ’Real’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE