ICAP:英FSAから調査対象との通知受ける-LIBOR操作で

ロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)操作をめぐる問題に関連し、銀行間取引を仲介するブロ ーカー最大手のICAPが、英金融サービス機構(FSA)の調査対象 となっていることが明らかになった。

同社は24日、「業者間取引を仲介するICAPの関連会社の一つが FSAの調査対象になっているとの通知を受けた」と発表した。英紙フ ィナンシャル・タイムズはこれより先、FSAの2012年3月のメモに基 づき、同社が円建てと場合によっては米ドル建てのLIBOR操作に関 与していなかったかどうかをFSAが調査していると報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE