米社債保証コスト、ほぼ変わらず-クレジットデリバティブ

24日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストがほぼ変わらず。 この日発表された新規失業保険申請件数は予想に反して減少し、5年ぶ り低水準となった。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時34分(日本時間25日午前6時34分)現在、0.1ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の86.6bp。

雇用回復の兆しを受けて、景気の弱さが企業の債務返済能力を圧迫 するとの懸念が和らぐ可能性がある。米労働省が発表した先週の新規失 業保険申請件数は前週から5000件減少の33万件と、2008年の同じ週以来 の低水準。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央 値は35万5000件への増加だった。

LPLファイナンシャルの市場ストラテジスト、アンソニー・バレ リ氏(サンディエゴ在勤)は電話インタビューで、「前日はアップル決 算が若干の警戒感をもたらしたが、この日の雇用指標は好材料となっ た」と指摘した。

原題:Company Credit Swaps in U.S. Hold; Xerox Risk Falls on Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE