AT&T:10-12月利益、予想に届かず-割引スマホ販売拡大

米最大の電話会社AT&Tの昨年10 -12月(第4四半期)決算は、調整後の利益がアナリスト予想を下回っ た。顧客による割引価格でのスマートフォン(多機能携帯電話)購入が 記録的な数字となった。これにはアップルの「iPhone(アイフォ ーン)」860万台が含まれる。

24日の発表資料によると、純損益は38億6000万ドル(約3490億円) の赤字。1株当たりでは68セントの赤字となった。前年同期の66億8000 万ドル、1株1.12ドルの赤字からは損失幅が縮小した。年金関連など一 部費用を除いたベースでは1株44セントの黒字。ブルームバーグがまと めたアナリスト予想平均は45セントの黒字だった。売上高はほぼ横ばい の326億ドルで、市場予想の322億ドルを上回った。

新規加入者数は78万件。前年同期は71万7000件だった。ブルームバ ーグがまとめたアナリスト9人の予想平均68万3000件を10万件近く上回 った。ただ、競合するベライゾン・ワイヤレスは今週、10-12月期 に210万件を新規に獲得したことを明らかにしており、AT&Tのラン ドール・スティーブンソン最高経営責任者(CEO)はその増加ペース に追い付こうと取り組んでいる。

AT&Tは、今年の売上高について1300億ドル以上との見通しを示 した。アナリスト予想は1280億ドル。また1株当たりの利益は「1桁台 後半かそれ以上」のパーセンテージ増加するとした。アナリスト予想は 9%増。

同社は先週、第4四半期のスマホ販売が過去最高の1020万台になっ たとし、利益面ではこれがマイナスに働くと発表していた。

原題:AT&T Misses Estimates as Discounts Draw Record Smartphone Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE