NY銅:続落、米株の軟調な展開が重し-需要懸念くすぶる

24日のニューヨーク銅先物相場は続 落。米株式相場の上値の重い展開がマイナス材料。銅の供給が増える兆 候が表れる中で需要をめぐる懸念も広がった。

米アップルの株価はこの日12%下落し、S&P500種株価指数を圧 迫した。同社が23日発表した昨年10-12月(第1四半期)決算で、増収 率が過去14四半期で最低となったことが響いた。銅生産で世界最大手の チリ銅公社(コデルコ)は、銅の供給が需要を上回るとの見通しを示 し、年末にかけて銅相場が押し下げられる可能性を指摘した。

シティグループの商品先物スペシャリスト、スターリング・スミス 氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「アップルの決算発表を受け て、世界経済全般の健全性をめぐって市場は短期的に神経質になってお り、銅相場に若干圧力がかかっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 3月限終値は前日比0.2%安の1ポンド=3.6765ドル。中国と米国での 成長加速の兆しを好感して一時は0.3%高まで上げた。

原題:Copper Falls for Second Day as Equities Decline, Supplies Grow(抜粋)

--取材協力:Maria Kolesnikova、Andres R. Martinez、Matt Craze.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE