銀行整理基金,他国の危機対応への支援義務認めるな-欧州議員

欧州各国が国内の破綻(はたん)銀 行整理に備え銀行業界から集める資金を、危機に際して自動的に別の欧 州連合(EU)加盟国の銀行整理に流用することはできなくなりそう だ。他国からの支援を期待すべきではないと、欧州議員らがくぎを刺し た。

欧州議会は各国の銀行整理基金に他国の基金との資金融通を義務付 ける内容を法案から削除する方針だと、議会での法案策定を担当するグ ンナー・ホエクマーク議員がブルームバーグ・ニュースとのインタビュ ーで述べた。

同議員は「各国間の貸し借りを義務付けるべきではないという点 で、大方の意見が一致している。貸借は自発的行為となろう」とし、各 国の基金間の協力を義務付ければ「加盟国それぞれの責任が薄れるた め、望ましくない」と語った。

整理基金の設立は、欧州委員会のバルニエ委員(域内市場・金融サ ービス担当)が整備を進める銀行関連法の一部。同委員の案では各国が それぞれ銀行に資金を拠出させ基金を設立する。基金の規模は政府の預 金保険対象の預金残高の1%とされる。バルニエ委員の案では、1国の 基金の資金が払底した場合に最後の手段としてEU内の他国の基金に支 援を求めることができ、支援を要請された国は支援額が自国基金の半分 以上であるか自国内の危機への対応を難しくする場合以外はこれを拒否 できないというものだった。

原題:Bank Wind-Down Levies Can’t Be Syphoned Off, EU Lawmakers Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE