インド株(終了):下落、バリュエーション懸念-自動車株安い

24日のインド株式相場は下落。指標 のセンセックス30種指数を構成する銘柄のバリュエーション(株価評 価)が1年8カ月ぶり高水準に達し、警戒感から自動車、金属、不動産 銘柄が大きく下げた。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前日比102.83 ポイント(0.5%)安の19923.78で終了。BSE中型株指数は2%余り 下落。BSE不動産指数は4%余り下げた。

自動車メーカーのタタ・モーターズは昨年5月以来で最もきつい下 げとなった。傘下の英ジャガーランドローバーの利益が伸び悩んだこと が売り材料。産銅会社スターライト・インダストリーズと、アルミメー カーのヒンダルコ・インダストリーズも安い。

センセックス30種は前日までの年初来で3%上げており、構成銘柄 の株価収益率(PER)は16.8倍と、2011年5月以来の高水準に達して いた。

原題:Indian Stocks Decline as Valuations Increase to 20-Month High(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE