韓国のLGディスプレー:12年10~12月の利益、予想に届かず

液晶表示措置(LCD)生産で世界 2位、韓国のLGディスプレーの2012年10-12月(第4四半期)決算 は、利益が市場予想に届かなかった。通貨ウォン高に加え、米アップル のタブレット端末「iPad(アイパッド)」の需要鈍化が響いた。

LGディスプレーが24日発表した決算資料によれば、純利益は3197 億ウォン(約267億円)。ブルームバーグがアナリスト22人を対象にま とめた予想平均値は3634億ウォン。前年同期は60億ウォンの純損失だっ た。営業利益はほぼ倍の5870億ウォン。前年同期は営業損失だった。売 上高は15%増の8兆7000億ウォン。

消費者が大きめのアイパッドの代わりに、新たに発売されたアイパ ッド・ミニの購入を進めたことが、アップルのサプライヤーであるLD ディスプレーの業績に響いた。アイパッド・ミニのディスプレーは小さ く、収益性も小さい。ウォン高が海外売上高を目減りさせる一方、円安 は競合の日本企業にはプラスとなっている。

原題:LG Display’s Profit Trails Estimates on Apple IPad Sales, Won(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE