【海外アラカルト】ウイルス「ゴジ」が世界に感染-NASAも

通り。

米資産家カール・アイカーン氏は、ビデオストリーミングサービス 最大手の米ネットフリックスの株価に一段の上昇余地があるとの見方を 示した。同氏はネットフリックス株10%を保有。同社株はこの4カ月間 で2倍余り上昇している。ネットフリックスの2012年10-12月(第4四 半期)決算は予想外の黒字となった。(23日)Netflix Investor Icahn Sees Room for Shares to Keep Rising (1)

米ニューヨーク・マンハッタンの連邦地検は、世界中にウイルスを 配布し、コンピューター100万台余りを感染、オンライン口座からのデ ータおよび数百万ドルの盗難につながったとして、男3人を起訴した。 ウイルスは「ゴジ」という名前で、米国では米航空宇宙局(NASA) のコンピューターを含め4万台が被害を受けた。(23日)Three Charged in Computer Virus Attacks on Bank Accounts

昨年5月に自殺した米ナショナル・フットボール・リーグ (NFL)の元選手、ジュニア・セアウ氏の遺族が、自殺の原因が選手 時代に頭部に繰り返し外傷を受けたことにあるとしてNFLを相手取り 裁判所に訴えた。プロボウルに20回選出されたセアウ氏は、NFLで20 年間プレーし、2009年に引退。カリフォルニア州の自宅で拳銃自殺した 時は43歳だった。(23日) Ex-NFL Player Junior Seau’s Family Sues League Over Suicide

タイのプミポン国王を侮辱する2本の記事を掲載した雑誌の発行を 認めたとしてタイの雑誌編集者が禁固10年の判決を受けたことから、欧 州連合(EU)や人権団体の間で、表現の自由を奪うものだなどの批判 が相次いでいる。判決を言い渡したバンコクの刑事裁判所はこれらの記 事について、国王が過去のすべての政権に対し権力を及ぼしてきたなど と批判しているとし、「記事中の情報は不正確だ」と指摘してい る。(23日)Thai Editor Sentenced to 10 Years for Stories Insulting King (1)

安全性に対する懸念から1年間中断されていたH5N1型鳥インフ ルエンザウイルスの研究が再開される。米科学誌サイエンスと英科学誌 ネイチャーに掲載された研究者40人が署名した書簡によれば、研究の際 の適切な防疫対策が整ったと政府が認めた国から研究は再開される見込 みだが、現時点で米国は含まれていないという。(23日)Bird-Flu Research to Start Anew After Safety Rules Strengthened

中国の旅行者の間では鉄道乗車券を予約できる専用のアプリを使う 人が増えている。春節(旧正月)の連休を控え、鉄道乗車券を販売する 鉄道省の予約サイトは1日当たり1億2000万人がアクセスしており、つ ながりにくい状況となっている。そのため、いまや600万人を超える中 国国民がこのアプリを利用して乗車券を手に入れている。ある女性は予 約サイトに5時間にわたりクリックしても駄目だったが、このアプリを 使うと2分程度で予約できたという。(24日)Line-Cutting Apps Lure Chinese as New Year Travel Swamps Railway

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE