ブルーゴールド閉鎖のアンドュランド氏、新ファンド運用へ

エネルギーヘッジファンドのブルー ゴールドを閉鎖したトレーダー、ピエール・アンドュランド氏が来週、 新ファンドの運用を開始する。リターンの変動率を半分以上低下させる ことを目指している。ブルーゴールドは2011年の運用成績がマイナ ス34%となったことを受けて閉鎖された。

アンドュランド氏は23日、ロンドンのオフィスでインタビューに応 じ、アンドュランド・キャピタル・マネジメントの運用成績の変動率は 年間10-15%と、ブルーゴールドの40%を下回るとの見通しを示した。 同氏によると、新ファンドは2月1日に運用を開始する予定で、主に石 油のほか商品、通貨を取引する。投資家から約2億ドル(約177億円) を調達し、運用資産は10億ドルを下回る水準で維持される可能性が高い という。

アンドュランド氏は「石油に重点を置く商品ファンドだ。他の商品 や通貨の取引も継続したい。石油投資に役立つし、これらの市場では時 に好機が見込めるからだ」と述べた。

11年の商品市場ではトレーダーの利益につながる長期的なトレンド が確立されなかったため、ブルーゴールドなど大手商品ファンドの一部 の運用成績は低迷した。08年のリターンは209%、09年は55%、10年 は13%だった。

ニューエッジ商品取引指数によれば、商品ヘッジファンドのリター ンは11年の平均がマイナス3.8%、12年はマイナス2.6%だった。フォー トレス・インベストメント・グループは昨年5月に運用資産5億ドルの ファンドを閉鎖。同月には資産家のトレーダー、ジョン・アーノルド氏 が投資家に対し、ケンタウルス・エナジー・ファンドを閉鎖する方針を 示した。

原題:Andurand Returning After BlueGold to Cut Risks at New Hedge Fund(抜粋)

--取材協力:Chanyaporn Chanjaroen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE