韓国:昨年10-12月GDP、前年比1.5%増-市場予想下回る

韓国の昨年10-12月(第4四半期) の経済成長率はアナリスト予想を下回った。通貨ウォンの上昇によっ て、2013年は輸出が抑制される恐れがある。

韓国銀行(中央銀行)が24日発表した12年10-12月期の国内総生産 (GDP)は前年同期比1.5%増加した。伸び率は前期と変わらず。ブ ルームバーグがまとめたエコノミスト12人の予想中央値は1.8%増だっ た。前期比では0.4%の増加。

日本政府が円相場の押し下げに動いていることで、日本製品が相対 的に安くなり、今年は韓国の輸出の伸びが抑えられる可能性がある。韓 国の朴宰完企画財政相は23日、輸出企業を支援するため、為替変動の緩 和に向けてさらなる行動を取る可能性を示唆した。

新韓金融投資のエコノミスト、イ・ソンクォン氏は「日本は輸出企 業のために円安を誘導し、消費者や他国の犠牲の下で景気浮揚を目指し ている」と指摘。「韓国は乗用車から電子機器に至るまで多くの製品で 日本と直接競合関係にあるため、最も打撃を受けるだろう」と述べた。

原題:South Korea Grows Less Than Forecast as Won Gains Dim Outlook(抜粋)

--取材協力:Sungwoo Park、Michael Munoz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE