米シマンテック:人員削減と初配当を発表-新たな自社株買いも

コンピューターウイルス対策ソフト 最大手、米シマンテックは、人員削減と初の配当、新たな自社株買いの 計画を発表した。スティーブ・ベネット最高経営責任者(CEO)は事 業の合理化と株主への現金還元を目指している。

シマンテックは23日、顧客ニーズにより柔軟かつ迅速に対応するた め幹部職や中間管理職を削減し、「従業員数を減らす」と発表。具体的 な削減数は示さなかった。

フリーキャッシュフローの約半分を株主に還元する計画の一環とし て、四半期配当を実施する。4-6月期から開始し、22日の株価終値ベ ースで2.5%の配当利回りを目指す。また、取締役会は3月から始まる 新会計年度に、10億ドル(約890億円)相当の自社株買いを行うことを 承認。2億8300万ドル分が残る既存の購入枠に追加する。

シマンテックが23日発表した昨年10-12月(第3四半期)の売上高 と利益は、データ管理ツールへの強い需要を背景にアナリスト予想を上 回った。昨年7月のベネットCEO就任以降、同社の株価は43%上昇し ている。

原題:Symantec Plans to Cut Jobs, Pay Dividend, Repurchase Shares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE