元UBSトレーダー,米で司法取引の英バンカーに相談-関係者

スイスの銀行UBSの元トレーダー で指標金利操作の罪で訴追請求されているトム・ヘイズ容疑者は、2001 年に破綻したエネルギー関連企業エンロンの事件に絡んだ詐欺罪で米国 に送還され服役した英国のバンカー、デービッド・バーミンガム氏に助 言を求めた。事情に詳しい関係者2人が匿名を条件に明らかにした。

UBSの東京オフィスで3年間働いていた英国人のヘイズ容疑者 は、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)不正操作事件で米英当局か ら刑事事件で追及されている。エンロン事件関連詐欺で「ナットウェス ト3」と呼ばれた銀行員グループの一人だったバーミンガム氏は、3年 間法廷で争った後に米当局に身柄を引き渡され、司法取引に応じ2年近 く服役。現在は身柄引き渡しや米当局との司法取引、刑務所での生き残 り法についてアドバイスするコンサルティング会社を経営している。バ ーミンガム氏はヘイズ容疑者から助言の委託を受けていないとし、同容 疑者との関係についてコメントを控えた。

ただバーミンガム氏は「米政府と英当局のどちらと取引するかの選 択を迫られた場合、米政府から明確な同意を得られない場合、いかなる 取引にも応じない。米国に身柄を引き渡されるリスクは厳然としてあ り、ひとたび引き渡されたら被告側にとって望みはない」と述べた。

狙いは上層部

ヘイズ容疑者は昨年12月11日に英国で逮捕され翌日に米司法省から 訴追請求された。UBSの元短期金利トレーダー、ロジャー・ダリン容 疑者も共に訴追請求されている。2人の関係者によると、ヘイズ容疑者 は米国への送還を望んでおらず、英国で起訴されるほうが望ましいと考 えている。英当局は同容疑者に対してまだ訴追手続きを取っていない。

2人の同僚バンカーと共に米国に送還されたバーミンガム氏は、 LIBOR事件は「われわれの身に起こったことに気味が悪いほど似て いる」とした上で、「米当局の手口は雑魚から捕まえそれを使って企業 上層部に迫っていくというものだ。最初に通り抜けた人間が当局と最良 の条件で取引できる」と話した。ヘイズ容疑者はロンドンの法律事務 所、フルクラム・シャンバーズに弁護を依頼しており、同事務所はヘイ ズ容疑者が依頼人であることを認めた。

原題:Ex-UBS Trader Said to Seek NatWest 3 Help on Libor Probe (1)(抜粋)

--取材協力:Gavin Finch.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE