欧州債:スペイン債は3日続伸、景気縮小に鈍化の兆候

欧州債市場ではスペイン国債が3日 続伸となった。ユーロ圏の統計で経済活動の縮小ペース鈍化が示され、 高利回り資産の需要を支えた。

スペイン10年債利回りは1週間ぶり低水準を付けた。英マークイッ ト・エコノミクスが発表した1月のユーロ圏総合景気指数(速報値)は エコノミスト予想以上に改善した。安全を求める動きが反転し、ドイツ とオランダの国債は軟調。ポルトガル国債も下落。前日は2年ぶりに25 億ユーロ相当の5年債を発行した。

ノルデア銀行のチーフ債券アナリスト、ヤン・フォンゲリッヒ氏 (ヘルシンキ在勤)は、「経済データはユーロ圏の改善を示している。 ポジティブであることは間違いない」とし、「スペインとイタリアの国 債を支えた一因だ。今週は両国債への買い気配が広がっている明確な兆 候が出てきた」と続けた。

ロンドン時間午後4時39分現在、スペイン10年債利回りは前日比6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の5.01%。一時は5% と、17日以来の低水準となった。同国債(表面利率5.85%、2022年1月 償還)価格はこの日、0.415上げ105.965。

ドイツ国債は3日ぶりに下落し、10年債利回りは3bp上昇 の1.57%。同年限のオランダ国債利回りも3bp上げ1.70%。

英国債相場は一時の上げを消して下落。10年債(表面利 率1.75%、2022年9月償還)の利回りは2bp上昇し2.01%。2日以来 の低水準(1.94%)まで5bp下げる場面もあった。価格は0.17下 げ97.74となった。

原題:Spanish Bonds Rise as Euro-Area Slowdown Eases; Bunds Decline(抜粋) Pound Drops to 11-Month Low Versus Euro Before U.K. GDP Report (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE