アムジェン:10-12月利益は予想上回る-関節炎治療薬が好調

バイオテクノロジー最大手、米アム ジェンが発表した昨年10-12月(第4四半期)決算では、利益がアナリ スト予想を上回った。関節炎治療薬などの販売が伸びた。

23日の発表資料によると、純利益は7億8800万ドル(約698億円、 1株当たり1.01ドル)と、前年同期の9億3400万ドル(1株当たり1.08 ドル)から16%減少した。一部項目を除いた1株利益は1.40ドルで、ブ ルームバーグがまとめたアナリスト10人の予想平均を1セント上回っ た。売上高は11%増の44億2000万ドル。

アムジェンは、事業の柱だった貧血症治療薬が振るわず、増収に向 けて新製品や買収の可能性を探っている。同社は先月、遺伝子研究を手 掛けるデコード・ジェネティクスを4億1500万ドルで買収することで合 意。昨年は11億6000万ドルでのマイクロメット買収合意によって白血病 治療の治験薬を取得したほか、アストラゼネカと新薬開発で提携、また デノスマブを中心にがん治療薬分野でシェアを拡大した。

アムジェンは2013年通期の一部項目を除いた1株利益見通しを6.85 -7.15ドルとした。ブルームバーグが集計したアナリスト26人の予想平 均は7ドル。

原題:Amgen Tops Profit Estimates on Sales of Arthritis, Bone Drugs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE