米国株:上昇、テクノロジー株高い-下院は債務上限法案を可決

米株式相場は上昇。下院が連邦債務 の上限を一時的に無効にする法案を可決したことが手掛かり。また予想 を上回る決算を好感し、テクノロジー銘柄が上げた。

グーグルやIBMが高い。両社とも利益が予想を上回った。アドバ ンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)は大幅高。サーバー向け半導 体が好調で売上高が予想を上回った。一方でアップルは通常取引終了後 の時間外取引で下落。2012年10-12月期決算で売上高が予想に届かなか ったことが嫌気された。米高級ハンドバッグメーカー最大手のコーチは 急落。利益がアナリスト予想を下回った。

S&P500種株価指数は前日比2.25ポイント(0.2%)高 の1494.81。ダウ工業株30種平均は67.12ドル(0.5%)上げて13779.33 ドル。

ノースコースト・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、 フランク・インガーラ氏は電話取材で、「現時点で材料となっているの は決算と、債務上限の問題を数カ月先送りできるかもしれないという事 実だ」と指摘した。

米下院は連邦政府の借り入れ上限を一時的に無効にする法案を可決 した。16兆4000億ドルの政府の借り入れ上限を5月19日まで無効にする 同法案は賛成285、反対144で可決された。法案は上院に送られる。リー ド上院院内総務(民主)は、同法案を修正なしに可決し、オバマ大統領 に送付すると表明した。

最も重大なリスク

ブルームバーグが17日、利用者を対象に実施した調査によれば、世 界の投資家は米国の財政状態が世界経済の最も重大なリスクだと考えて おり、投資家のほぼ半数は財政問題をめぐる議会の対立に対応し投資を 減らしている。最大の脅威を財政問題としたのは調査回答者全体 の36%、欧州ソブリン債危機としたのは29%。また15%は中国経済の減 速を挙げた。

国際通貨基金(IMF)は23日に公表した最新の世界経済見通し (WEO)で、世界経済の成長率予想を引き下げた。ユーロ圏経済につ いては、債務危機収束に向けた努力の進展が景気回復にはつながらない として、2年連続のマイナス成長を予測した。IMFは今年の世界経済 の成長率をプラス3.5%と予想。昨年10月時点では3.6%を見込んでい た。

株価指数

企業の利益改善や米財政問題の解決に向けた動きを受け、ダウ平均 は2007年10月に付けた最高値14164.53ドルまであと2.8%という水準に まで上昇している。S&P500種は最高値1565.15を4.5%下回る水準に ある。S&P500は年初から前日までに4.8%上げており、1997年以降で は最も好調な滑り出しとなっている。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、S&P500種採用企業 のうち決算を発表した106社の約75%で利益が予想を上回っている。

アルティメオ・アセット・マネジメントのベルナール・デラットレ 社長は電話取材で、「利益見通しは楽観的で、その予想通りになる可能 性は高い」とし、「米国の状況は改善しつつある。成長は持続してお り、企業は恩恵を受けるだろう」と続けた。

アップルはニューヨーク時間午後5時5分現在、6.4%安の481.15 ドル。同社の決算では売上高がアナリスト予想に届かなかった。

S&P500種の業種別10指数ではテクノロジー株が1.2%高と最大の 上げ。グーグルは5.5%高の741.50ドルだった。IBMは4.4%高 の204.72ドル。AMDは11%上昇し2.73ドル。

コーチは16%安の50.75ドル。同社によると、10-12月の北米既存 店売上高は2%減。ルー・フランクフォート最高経営責任者(CEO) は、景気の弱さが個人消費の重しとなっているほか、女性用ハンドバッ グ分野での競争激化で「厳しい」年末商戦になったと説明した。

原題:U.S. Stocks Rise as Technology Shares Rally Amid Debt-Limit Vote(抜粋)

--取材協力:Adria Cimino.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE