1月23日の米国マーケットサマリー:株上昇、テクノロジー株に買い

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3321   1.3322
ドル/円             88.69    88.71
ユーロ/円          118.14   118.18


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       13,779.17     +66.96     +.5%
S&P500種           1,494.78      +2.22     +.1%
ナスダック総合指数    3,153.67     +10.49     +.3%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .23%        -.01
米国債10年物     1.83%       -.01
米国債30年物     3.02%       .00


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,686.70    -6.50     -.38%
原油先物         (ドル/バレル)   95.65     -1.03    -1.07%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロで上げを失う展開。 米下院が連邦債務上限を一時的に無効にする法案を可決したため、高利 回り資産を求める動きとなり、安全な通貨とみなされるドルに売りが出 た。

ノルウェー・クローネとブラジル・レアルが対ドルで上昇。カナ ダ・ドルは大部分の主要通貨に対して下落した。カナダ銀行(中央銀 行)が利上げの必要性について、緊急性が薄れていると指摘したことが 売りを誘った。米国の債務上限引き上げ法案は上院に送られる。リード 上院院内総務(民主)は同法案を修正なしに可決する意向を示してい る。

RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・デン ジャーフィールド氏は電話インタビューで、「これはリスク選好にはプ ラス材料で、ドルにはマイナス材料だ」と指摘。「リスク資産の見通し はやや明るくなったが、債務上限問題は市場を不安にしており、最終的 には再びこれに取り組まなければならない」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時4分現在、ドルはユーロに対して前日比 ほぼ変わらずの1ユーロ=1.3323ドル。一時は1.3265ドルと、16日以来 の高値を付ける場面もあった。円は対ドルでほぼ変わらずの1ドル=88 円65銭。一時は16日以来の高値となる88円06銭まで上げた。対ユーロで は1ユーロ=118円12銭。

◎米国株式市場

米株式相場は上昇。下院が連邦債務の上限を一時的に無効にする法 案を可決したことが手掛かり。また予想を上回る決算を好感し、テクノ ロジー銘柄が上げた。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比2.22ポイント(0.2%)高の1494.78。ダウ工業株30種平均 は66.96ドル(0.5%)上げて13779.17ドル。

RBCグローバル・アセット・マネジメントの米株トレーディング 責任者、ライアン・ラーソン氏(シカゴ在勤)は「午前中は軟調な地合 いだったが、午後の買いで挽回したというのがこの日の展開だろう」と 指摘。「下院が債務上限を引き上げる法案を可決する一方で、焦点は引 き続き決算に絞られる」と述べた。

米下院は連邦政府の借り入れ上限を一時的に無効にする法案を可決 した。下院共和党指導部はこの法案について、より踏み込んだ歳出削減 を引き出すことが狙いと説明している。16兆4000億ドルの政府の借り入 れ上限を5月19日まで無効にする同法案は賛成285、反対144で可決され た。法案は上院に送られる。リード上院院内総務(民主)は、同法案を 修正なしに可決し、オバマ大統領に送付すると表明した。

◎米国債市場

米国債相場は続伸。米下院は政府の借り入れ権限を一時的に延長す る法案を可決した。これで歳出の強制削減と政府借入に関する決定が未 解決問題として残った。

下院が285票対144票で可決した法案は、16兆4000億ドルの債務上限 を5月19日まで無効にするもの。可決を受けて10年債利回りは一時、下 げ幅を縮小した。法案は上院に送られる。民主党のリード上院院内総務 は無修正で通過させ、オバマ大統領に送付すると述べた。国際通貨基金 (IMF)が2013年の世界経済成長率見通しを引き下げたことから、米 国債は朝方の取引から堅調に推移していた。

BNYメロン(ニューヨーク)の資本市場部門で米国債トレーディ ングの責任者を務めるダン・マルホランド氏は、「債務上限の行方は米 国債市場にとって最も重要だ」と指摘。「債務上限と予算をめぐる合意 が成立すれば、1.7-2%のレンジを抜け出せるだろう」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後2時10分現在、10年債利回りは前日比2ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の1.83%。一時は1.81%まで下げた。同年債(表 面利率1.625%、2022年11月償還)価格は3/32上昇して98 5/32

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は反落。米下院共和党が連邦借り入れ権限 の一時延長を可決したことから、逃避資産としての金買いが鈍った。

債務上限を5月19日までの期間引き上げるという法案は賛成285 票、反対144票で可決された。リード上院院内総務は同法案が上院でも 可決されるとの見通しを示しており、議会通過後はオバマ米大統領に送 付される。

UBSはインドからの金需要が今後数日は「抑制される」可能性が あるとの見方を示した。今週導入された輸入税率引き上げに関する詳細 を見極める動きが予想されるためとしている。

ヘラエウス・プレシャス・メタルズ・マネジメントのバイスプレジ デント、デービッド・リー氏は電話インタビューで、「問題は先送りさ れたため、差し迫った不安はなくなった」と指摘。「今のところは現物 の方でも良いニュースはなく、相場が上昇していくきっかけがない」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.4%安の1オンス=1686.70ドルで終了した。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は反落。1カ月ぶりの大幅安となった。 シーウェイパイプラインの輸送能力が制限されたことや、国際通貨基金 (IMF)が世界成長見通しを下方修正したことが手掛かり。

オクラホマ州クッシングとメキシコ湾岸をつなぐシーウェイパイプ ラインの輸送能力は日量17万5000バレルに制限された。通常の能力は40 万バレル。IMFは最新の世界経済見通し(WEO)で、世界経済の成 長率をプラス3.5%と予想。昨年10月時点では3.6%を見込んでいた。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニアマーケッ トアナリスト、フィル・フリン氏は「シーウェイでの輸送が制限されて おり、クッシングの在庫が再び積み上がることを市場は心配している」 と指摘。「IMFによる成長見通しの引き下げが市場の失望を招き、原 油を圧迫している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比1.45ドル(1.50%)安の1バレル=95.23ドルで終了。終値では昨 年12月21日以来の大幅下落となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE