NY外為:ドルが対ユーロで上げを失う、下院の債務法案可決で

ニューヨーク外国為替市場ではドル が対ユーロで上げを失う展開。米下院が連邦債務上限を一時的に無効に する法案を可決したため、高利回り資産を求める動きとなり、安全な通 貨とみなされるドルに売りが出た。

ノルウェー・クローネとブラジル・レアルが対ドルで上昇。カナ ダ・ドルは大部分の主要通貨に対して下落した。カナダ銀行(中央銀 行)が利上げの必要性について、緊急性が薄れていると指摘したことが 売りを誘った。米国の債務上限引き上げ法案は上院に送られる。リード 上院院内総務(民主)は同法案を修正なしに可決する意向を示してい る。

RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・デン ジャーフィールド氏は電話インタビューで、「これはリスク選好にはプ ラス材料で、ドルにはマイナス材料だ」と指摘。「リスク資産の見通し はやや明るくなったが、債務上限問題は市場を不安にしており、最終的 には再びこれに取り組まなければならない」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルはユーロに対して前日比ほぼ 変わらずの1ユーロ=1.3318ドル。一時は1.3265ドルと、16日以来の高 値を付ける場面もあった。円は対ドルで0.1%高の1ドル=88円61銭。 一時は16日以来の高値となる88円06銭まで上げた。対ユーロでは0.1% 高の1ユーロ=118円03銭。

ユーロ売り

ユーロは対ドルで一時下落。大口の投資家がユーロを売っていると の憶測が流れる中、売り注文が設定された水準を下抜けた。

ファロス・トレーディングのシニアトレーダー、マイケル・ラビー ナ氏(コネティカット州スタンフォード在勤)は電話インタビューで、 「東欧のある大企業がユーロを売っているらしいとの話を聞いた」と述 べた。ユーロが1.3330ドル以上を維持できず、「1.3320ドルを下回る と、損失覚悟の売り注文が発動した」と語った。

下院を通過した法案は、16兆4000億ドルの政府の借り入れ上限を5 月19日まで無効にする。

カナダ・ドルは米ドルに対して下落。カナダ中銀は予想されていた 通り、政策金利を1%で維持。利上げはいずれ必要になる可能性が残っ ているものの、恐らくすぐにはそうならないとの考えを示した。カーニ ー総裁は経済がフル稼働するにはもっと時間がかかり、来年下半期まで インフレ率は同中銀の目標である2%未満に抑制されると語った。

カナダ・ドルは米ドルに対して0.7%安の1米ドル=99.92カナダ・ セント。一時は1.0005カナダ・ドルと、昨年11月19日以来初めて等価を 下回った。

日銀の政策は不十分か

円は朝方、対ドルで堅調となった。日本銀行が発表した政策では円 を押し下げ、成長を促進するには不十分であるとの見方から買いが入っ た。

日銀は22日開いた金融政策決定会合で、「物価安定の目標」として 消費者物価指数(CPI)の前年比上昇率2%を導入することを決 定。2014年初から13兆円程度の金融資産の買い入れを行うと発表した。

三菱東京UFJ銀行の為替ストラテジスト、リー・ハードマン氏 (ロンドン在勤)は「2%の目標導入は比較的大胆な行動だが、市場を 納得させるにはもっと信頼できる政策を実行する必要がある。円の方向 性を占う上で重要になってくるのは、日銀が目標達成を目指す政策の効 果を市場がどのように判断するかだ」と述べた。

原題:Dollar Falls From One-Week High on Debt-Ceiling Vote; Rand Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE