米連邦債務の上限超過を3カ月間先延ばし-米下院が法案可決

米下院は23日、連邦債務の法定上限 超過を3カ月間先延ばしする法案を可決した。

16兆4000億ドル(約1450兆円)の法定上限を超える政府借り入れを 5月19日まで暫定的に認める同法案は賛成285、反対144で可決された。 法案は上院に送られる。リード上院院内総務(民主)は、上院は同法案 を修正なしに可決し、オバマ大統領に送付するだろうとの見通しを示し た。

ベイナー下院議長(共和)は議場での討論で、「ここでの前提は極 めて単純だ。米国が直面する財政危機に対応する長期的な計画がまとま るまで、債務上限の長期にわたる引き上げは行うべきではないというこ とだ」とし、「これはワシントンに真の財政責任を持たせるための取り 組みの最初の一歩だ」と語った。

これにより、近いうちに米国がデフォルト(債務不履行)状態に陥 り、下院共和党が責任を追及されるリスクはなくなった。共和党は他の 財政期限に重点を置く計画で、政府プログラム縮小への取り組みを断念 するつもりはないと表明した。

共和党はオバマ大統領と議会民主党から歳出削減で譲歩を引き出す ため、残る2つの差し迫った期限を交渉の材料に活用する計画だ。1つ は3月1日に始まる自動的な歳出削減、2つ目は同月末に期限を迎える 暫定予算だ。

原題:Three-Month Suspension of U.S. Debt Ceiling Passed by House (1)(抜粋)

--取材協力:Kathleen Hunter.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE