米USエアウェイズ:予想以上の増益、旅客輸送の拡大で

米USエアウェイズ・グループ の2012年10-12月(第4四半期)決算は利益がアナリストの予想以上に 増加した。旅客輸送への強い需要が業績を支えた。同社は、破産法の適 用を申請したアメリカン航空の親会社AMRとの合併を進めている。

23日の同社発表によると、一時項目を除いたベースでの利益は4600 万ドル(約40億7500万円、1株当たり26セント)と、前年同期の2100万 ドル(同13セント)から増加した。ブルームバーグがまとめたアナリス トの予想平均は1株当たり19セントだった。

旅客輸送の2.7%増をてこに、7四半期連続での純損益の黒字を確 保した。通期の利益は特別項目を除いたベースで5億3700万ドル(1株 当たり2.79ドル)と過去最高を記録した。

原題:US Airways Quarterly Profit Tops Estimates on Passenger Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE