11月の米住宅価格:前年比5.6%上昇-07年ピーク比15%低下

米連邦住宅金融局(FHFA)が発 表した昨年11月の住宅価格指数(季節調整済み)は前年同月比で5.6% 上昇した。

FHFAによれば、前月比では0.6%上昇。ブルームバーグがまと めたエコノミスト予想の中央値は0.7%上昇だった。同指数は2007年4 月につけたピークを15%下回り、04年8月とほぼ同水準となっている。

IHSグローバル・インサイトのエコノミスト、パトリック・ニュ ーポート氏は電話インタビューで、「価格上昇というのは現時点では良 いニュースで、状況に変化をもたらしている」と指摘。「買い手や売り 手を呼び寄せ、住宅市場を円滑にする。販売の活性化につながるだろ う」と述べた。

前年比での伸びが最も大きかったのはアリゾナやネバダ、コロラド 州を含む地域で15%上昇。カリフォルニアやワシントン、オレゴン州を 含む地域は11%のプラスだった。

一方、伸びが最も小さかったのはニューヨークやニュージャージ ー、ペンシルベニア州を含む地域で0.5%上昇にとどまった。

原題:U.S. Home Prices Jumped 5.6% in 12 Months Through November (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE