香港株(終了):反落、広州汽車が安い-深圳控股は上昇

香港株式相場は反落。ハンセン指数 は前日、1年7カ月ぶりの高値を付けていた。テクニカル指標が株価の 上げ幅とペースの行き過ぎを示唆した。一方、深圳控股は同市での土地 購入計画を受け、2008年以来の大幅な上昇となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。