ドイツ銀、民事制裁金を支払いへ-米エネルギー当局と和解

ドイツ銀行は同行子会社が米カリフ ォルニア州の電力市場で価格操作に関与していたと米連邦エネルギー規 制委員会(FERC)から指摘を受けていた問題をめぐり、150万ドル (約1億3200万円)の民事制裁金などを支払って和解する。

FERCが22日発表した声明によれば、ドイツ銀は10日以内に制裁 金を支払うほか、カリフォルニアの送電網事業体に不正利益17万2645ド ルに利息を加えた額を返済する。FERCは昨年9月、ドイツ銀が2010 年に違法取引に関与したと主張、制裁金を支払うよう求めていた。

ドイツ銀は当初、FERCの主張を否定し、民事訴訟で争う姿勢を 示していたが、一転和解に応じて制裁金を支払うことで合意した。同行 の広報担当ルネ・カラブロ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビュー で、「和解に達し、この問題を解決できたことをわれわれはうれしく思 っている」とコメントした。

FERCが和解を公表した指令文書によれば、ドイツ銀は制裁金支 払いに際して、違反について肯定も否定もしなかった。

原題:Deutsche Bank to Pay $1.6 Million to End U.S. Energy Probe (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE