ブラック氏率いるアポロなどPE投資会社、鉱山業界に投資へ

資産家レオン・ブラック氏が率いる アポロ・グローバル・マネジメントなどプライベートエクイティ(未公 開株、PE)投資会社が鉱山業界に投資する準備を進めている。バリュ エーション(価値評価)の低下と融資の減少により一部の鉱山会社では 手元現金が不足している。

アポロのシニアパートナー、ガレス・ターナー氏(ロンドン在勤) によると、同社は初の天然資源ファンドを設定する予定で、鉱山業界の 案件少なくとも4件について調査している。商品取引会社トラフィギュ ラ・ビヘーアは初の金属・鉱業PE関連案件を計画。デナム・キャピタ ル・マネジメントとウォータートン・グローバル・リソース・マネジメ ントは鉱山業界に数十億ドルを投資する準備があると述べている。

ターナー氏はインタビューで「現在、鉱山会社が電話1本で1億- 5億ドルの長期的な株式資本を調達できる場所はほとんどない」と指 摘。「ファンダメンタルズに対する株価のずれは2013年のかなりの期間 続くはずで、それがPE資本にとってこれ以上にない背景となってい る」と述べた。

鉱山業界の株式発行は12年に3年連続で減少し、銀行による融資も 落ち込んでいる。これを受け、PE投資会社などが資金不足を埋め合わ せつつある。金属のほか石炭やダイヤモンドなどを採掘する鉱山会社 は、予想される世界的な需要拡大に対応するため多額の投資計画を完了 する必要に迫られている。

原題:Leon Black Follows Denham in Buyout Firm Mine Push: Commodities(抜粋)

--取材協力:Michael Amato、Christopher Donville、Steven Frank、Sonja Elmquist.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE