スペインの「失われた世代」、英国のサラダバーで働き生計

6年かけてスペインで学士号を取得 したカルロス・エルナンデス・ソンセカさん(27)は、2011年の卒業 後、マドリード郊外の自宅近辺で就職先を見つけることができなかっ た。昨年、英国で働くようになったスペイン人の仲間入りした。

ジャーナリストでもあるエルナンデス・ソンセカさんは現在、ロン ドンの金融街にあるサラダバーで野菜を洗ったり切ったりして1日8時 間働き、週40時間勤務で週給は税込み260ポンド(約3万6500円)。こ の店のブラジル人マネジャーによれば、従業員17人の14人がスペイン人 だ。

欧州連合(EU)に東欧諸国が相次いで加盟した2004年以降、英国 のファストフード店などの低賃金の職種ではポーランドなど東欧出身者 が多くを占めるようになっていた。現在は母国で仕事が見つからないス ペイン人の若者がこれに加わっている。スペインの失業率は昨年、25% に達した。英雇用年金省のデータによれば、11年3月-12年4月に英国 で就労登録したスペイン人は3万370人と、前年比で25%増加し、09 -10年の2倍以上に達した。

移民労働者

「われわれは間違いなく失われた世代だ。スペインがわれわれに提 供できるものは何もない。だから外国に住んでサラダバーや調理場で働 く。スペインは資金を失い、熟練労働者も失っている」とエルナンデ ス・ソンセカさんは話す。

スペイン統計局の最新のデータによると、同国の労働市場では、25 歳未満の成人の失業率が12年7-9月(第3四半期)に52%に達した。 英国の全体の失業率は7.8%。

エルナンデス・ソンセカさんの同僚で、サラダバーで勤務する前は ロンドン東部にある米マクドナルドの店舗で働いていたパブロ・メディ ナ・マルティンさんは、「大学に進学した時はマクドナルドで働くこと になるとは思っていなかった。スペインではマクドナルドの店員はだい たい南アフリカ共和国やエクアドル、コロンビアから来た外国人移民 だ。ロンドンでは自分たちが外国人移民なんだと気が付いた」と述べ た。

原題:Spain’s Lost Generation Spends Its Salad Days Toiling in Britain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE